急性副鼻腔炎に市販薬は有効?

なんか最近鼻づまりや鼻汁が気になる。

という突発的な急性副鼻腔炎は市販薬で
大抵治ってしまいます。

鼻汁が止まらないなら、
細菌かウィルスもしくは花粉などを代表するアレルゲンが原因なので、
抗菌成分と鎮痛成分がある薬で治す方法。

鼻づまりで息が出来ないなら、
粘膜が腫れて空気が通らないので
スプレー式血管収縮剤で腫れを和らげ、
空気を通りやすくするなど様々ですが、
お勧めできない薬もたくさんあります。

例えば薬を使い続けた結果、
慢性的に治らなくなるという最悪な慢性鼻炎に繋がる事があります。

私もスプレー式の市販薬を愛用しており、
毎日使っていたら、ある時から効かなくなりました。

それでも前に息が通りやすくなった感覚が忘れられず、
ひたすら使い続けましたが、一向に治らなくなり、
最悪な慢性鼻炎になりました。

愛用しているスプレー式市販薬の成分をネットで調べると、
「ナファゾリン塩酸塩」という成分は、
粘膜の腫れを和らげる血管収縮剤であり、
長期的に使い続けると慢性的に治らない副作用があるという、
まさにネットに書かれている状態そのものになっていました。

また治らなかった故に耳鼻咽喉科に行ったら、
「もしかして、市販薬のスプレーを使っている?使い続ければ、頭痛や高血圧に繋がるよ。」
と言われ、結局市販薬をやめる事になりました。

市販薬は治りますが、
副作用も心配になります。

私は市販薬は完治しにくくなるので
あまりお勧めできませんが、
どうしても使いたい場合は成分を調べてから使う事をお勧めします。

慢性鼻炎とはどんな症状?

慢性鼻炎を簡単に言いますと、
長期的な鼻汁と鼻づまりです。

ただ最初は慢性鼻炎かどうかは分かりません。

鼻汁が止まらなくなったり、
息苦しくなったり、
耳鼻科に通っても治らなくて、
初めて「慢性鼻炎」だと分かります。

この鼻づまりが長引くと鼻からの呼吸ができず
口からの呼吸が主になり頭がボーっとするようになります。

当然集中力が無くなるので、
何をしていても手がつかないようになります。

また寝ている時に
無意識的に鼻で呼吸しようとするためか、
息苦しくなって目を覚ます事が何度も起きるので、
睡眠時間を確保できなくなります。

匂いもわかりにくくなります。
料理や花、お茶など、周りがどんなに「良い香り」
と言っていても中々理解できません。

さらに後鼻漏(鼻汁が喉をおりる)になると、
痰が溜まりノドが苦しくなるので、
ノドをならしたり痰を吐き出したくなるようになります。

この状態が長期的に続き、お医者さんから
同じような薬を処方されつづけます。
私が慢性鼻炎下と気づいたのは
下の3つのような言葉を聞いた時でした。

A「長期的な鼻炎だからね。上手く付き合っていくしか無いと思うよ。」
B「薬はもう飲まない方がいいよ。薬を飲み続けると鼻炎がひどくなるから。」
C「治るか分からないけど、ここの先生に聞いてみるといいかな。」

慢性鼻炎はハッキリした改善方法が
中々見つからないのが現状です。
そのため基本的に薬を飲んでも中々治りません。

慢性鼻炎を本当に治したいと思うなら、
処方薬ではなく違う方法で治す事から
考えてみましょう。