慢性鼻炎による後鼻漏に鼻うがいは有効?

鼻炎に効果的な鼻うがいは私自身が習慣にしていますが、
後鼻漏には直接効果が無いのでは?と考えた事があります。

なぜならノドの奥の鼻汁まで綺麗に出来るのかというと、
そうでも無いからです。

では、後鼻漏なら鼻うがいはやらなくて良いのでしょうか?

まず慢性鼻炎やアレルギー性鼻炎は
何かしら悪い物が体内に入り込んで、
それを外に出そうとするために鼻汁が大量にでたり、
くしゃみが止まらなくなります。

この状態が長く続くと
鼻に負担がかかりますので、
今度は鼻づまりになってしまいます。

鼻づまりになると中の膿は外に出されないので、
中で腐敗していき、症状は悪化していきます。

これが後鼻漏の症状があらわれる原因にもなります。

このような不快な鼻にしないためには
鼻づまりを無くして病原菌が住みにくい
体にしなければいけません。

元々私は鼻うがいが面倒だったので、
当時鼻づまりの蓄膿症で後鼻漏の状態の時は、
鼻うがいを知っていてもやろうとは思いませんでした。

しかしあまりにも副鼻腔炎と後鼻漏がつらかったので、
なんとかしてこの汚い鼻汁を外にだすためには?
と考えた結果、鼻うがいを始めました。

鼻を清潔にする。
清潔になるから粘り気のある鼻汁が無くなる。
よって、ノドに絡みつくような不快な症状が無くなる。

このように直接関係なくても長い目で見れば、
後鼻漏も鼻うがいに関係していることも分かります。

慢性鼻炎による後鼻漏に有効な漢方薬とは?

漢方は病気を治すというより、
体のズレを元に戻すことで
免疫力を高めて症状を改善する薬になります。

体系や多汗症、年齢、表情など、
あらゆる側面から患者さんを診て薬を作るので、
同じ病気でも処方薬が全然違うことがあります。

まず私の外観は、
男性。
176cmの73kg。
やや汗が多い30歳ごろ(現在35歳)。

後鼻漏を治すために使った漢方の中でも、
効果があったものをお伝えします。

 

・小青竜湯
風邪や鼻炎によく効く漢方薬です。

西洋医学からみても抗生物質より効果的なのでは?と評価が高く、
ドラッグストアで簡単に手に入ります。

 

・半夏厚朴湯
「半夏」と「厚朴」の二種類の生薬は、
痰を除去してくれる効果があります。

体力が普通の人より少し弱い方に効果があります。

 

・葛根湯加川きゅう辛夷
鼻炎によく効く様々な生薬をブレンドした漢方薬です。

副鼻腔炎、鼻づまり、慢性鼻炎によく効きます。

胃腸が弱い人は注意。
体力が弱い人や多汗症の人には不向きだと言われています。

 

中でも葛根湯加川きゅう辛夷が、
ノドに何か張り付いたような違和感がなく、
痰を吐く回数が減ったので、「効いているんだな!」
という気持ちがありました。

でも食事の時に、食欲が落ちて食べれなくなったので、
今は服用していません。

慢性鼻炎による後鼻漏とは?

長い間、鼻炎に悩まされていると、
後鼻漏」という言葉を知るようになります。

私は専門医から聞いたのではなくネットで検索していると、
「鼻汁が喉を通り、不快な感じがする症状」
という言葉を見つけて、「これは自分の事では?」
と思ったのが始まりでした。

後鼻漏は読んで字のごとく喉に鼻汁が下りる症状です。

この不快な症状から抜け出すために
何度も鼻うがいをしましたが、
全く効果がありませんでした。

結局薬にしか頼れないのかと思い、
耳鼻咽喉科に行っても、
「とりあえず、痰切りと鼻止めをだしておく?」
という、なんだか納得ができない解答をもらいます。

実際、後鼻漏に効く薬は無く、
根本的な原因となっている
副鼻腔炎やアレルギー鼻炎を改善すれば、
元に戻ると言われています。

でも治らないんですよね・・・。

どうしたら良いのか分からず
家庭用ネブライザーや痰切りを探した結果、
エー・アンド・デイのホットシャワー3(UN-133)という
商品が最も後鼻漏に効果的だと知りました。

その後継機でホットシャワー5(UN-135)があります。

ホットシャワー5はミストの強と普通の調整、
鼻の穴に直接ミストを入れるノズルがあるので、
3よりもおすすめです。

値段はアマゾンで一万円前後。