慢性鼻炎による鼻づまりを解消する血管収縮剤とは?

血管収縮剤の成分は主に、
ナファゾリン、テトラヒドロゾリンがあり、
ナザールやアルガードなどの市販薬に多く含まれています。

即効性があるかわりに使い続けると鼻づまりが酷くなるという、
悪循環が生まれ、最終的に病院に通うようになってしまいます。

血管収縮剤は粘膜の腫れを抑えて空気の通り道を確保してくれますが、
効果がきれると、まるで押さえつけられていたゴムのような反動で
更に粘膜が腫れてしまうために鼻づまりがおきるのだそうです。

でもしばらく放置すると、
この反動も収まるので使うタイミングを間違えなければ
鼻炎対策に充分役に立ちます。

そこでステロイド点鼻薬と併用して使ってみてください。

長期的に鼻づまりを解消するためには、
ステロイド点鼻薬が有効です。

メインはステロイドを使い、
鼻づまりがひどくなって呼吸が困難になった場合は
血管収縮剤を使って症状を和らげます。

再発防止策として、
うがいや鼻うがいを実践したり超音波温熱吸入器や
空気清浄機などを使う方法が有効です。

鼻の粘膜を常に清潔に保ち続ければ、
薬を使う事もなくなるので
免疫力と抵抗力がついてきます。

私はこの方法を実践して鼻づまりが解消されました。

最終的には薬がなくても
生活ができるレベルまで回復させましょう。

関連記事
市販されている点鼻薬で鼻づまりは治る?
アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎の鼻づまりを解消する方法とは?