アレルギー性慢性鼻炎による鼻づまりを解消?

アレルギー性鼻炎を解消するには、
抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬が有効です。

アレルギー症状が表面化する前に、
体内ではヒスタミンとロイコトリエンが大量に放出されます。

まずこの物質を抑えて再発を防ぎます。

次にステロイド点鼻薬です。

ステロイド系の錠剤は体内に入ると副作用を起こしやすいですが、
腫れた粘膜に直接噴射する点鼻薬は副作用が少なく、
安心して使えます。

また長期的に鼻づまりが解消できるので、
耳鼻咽喉科ではステロイド系点鼻薬を処方します。

ですが、ステロイド点鼻薬では即効性が期待できないので、
完治するまでに数週間かかる場合があります。

そこで即効性が高い「血管収縮剤」の入った点鼻薬と併用する方法をおすすめします。

血管収縮剤の入った成分は、
何度も使うと点鼻薬そのものが効かなくなるので、
最終的にお医者さんからストップをかけられます。

こうならないために酷い時だけ使うようにしてみてください。

アレルゲンが飛散している所にいれば、
再び粘膜が腫れて鼻づまりになります。

定期的に鼻うがいやうがいをしてアレルゲンを洗い出せば、
鼻の粘膜に負担がかからなくなりアレルギー鼻炎の予防にもなりますので、
歯磨きと一緒に習慣づけてみましょう。