慢性鼻炎による鼻水対策にハーブティは効果的?

アレルギーや後鼻漏に良いと聞けば色々試した物があります。

ハーブティも当然試しました。

カモミール、フェンネルなどは勿論、
ネトル、ミントも使ってみましたが、
全く効果がありませんでした。

しかし意外なハーブが効果ありました。

そのハーブが「シソ」です。

そう、梅干しに使うあの葉っぱです。

鼻水対策には毎日10枚程度を刻んで生で摂取するのが効果的だと、
鼻炎関連の本に書かれていましたが、
正直エグミが強く生で摂取するのは難しいと思います。

シソには「ルテリオン」と言われる成分が多く含まれており、
抗アレルギー、抗炎症作用がもっとも強く働くと言われています。

ヒスタミンやロイコトリエンを抑制してくれますので、
抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬と同じ効果が期待できますね。

この成分は加熱しても失われる事はありませんので、
煮込んでシソジュースにして摂取しても問題ないと思います。

ではなぜ生が良いのかと言うと、
まずシソはミネラルが豊富に含まれており、
大半は熱で失われてしまいます。

また「α-リノレン酸」も豊富に含まれていますが、
こちらも熱で失われてしまいます。
(α-リノレン酸は体内に入るとEPAやDHAに変換されるので、ダイエット効果があります。)

ところがこれらの成分はあれば嬉しいですが、
鼻炎とは関係ないので無理して生で接種する必要は無いでしょう。

実際の効果ですが一週間ぐらい続けていくと、
「そういえば最近鼻汁が少なくなったな。」
と思うぐらいです。

なお私はジューサー(フードプロセッサでも可)に水と適量とシソを入れて、
グシャグシャにして醤油をかけてたべています。