慢性鼻炎による後鼻漏に有効な漢方薬とは?

漢方は病気を治すというより、
体のズレを元に戻すことで
免疫力を高めて症状を改善する薬になります。

体系や多汗症、年齢、表情など、
あらゆる側面から患者さんを診て薬を作るので、
同じ病気でも処方薬が全然違うことがあります。

まず私の外観は、
男性。
176cmの73kg。
やや汗が多い30歳ごろ(現在35歳)。

後鼻漏を治すために使った漢方の中でも、
効果があったものをお伝えします。

 

・小青竜湯
風邪や鼻炎によく効く漢方薬です。

西洋医学からみても抗生物質より効果的なのでは?と評価が高く、
ドラッグストアで簡単に手に入ります。

 

・半夏厚朴湯
「半夏」と「厚朴」の二種類の生薬は、
痰を除去してくれる効果があります。

体力が普通の人より少し弱い方に効果があります。

 

・葛根湯加川きゅう辛夷
鼻炎によく効く様々な生薬をブレンドした漢方薬です。

副鼻腔炎、鼻づまり、慢性鼻炎によく効きます。

胃腸が弱い人は注意。
体力が弱い人や多汗症の人には不向きだと言われています。

 

中でも葛根湯加川きゅう辛夷が、
ノドに何か張り付いたような違和感がなく、
痰を吐く回数が減ったので、「効いているんだな!」
という気持ちがありました。

でも食事の時に、食欲が落ちて食べれなくなったので、
今は服用していません。