慢性鼻炎による鼻風邪を治す方法とは? 1

鼻風邪は、インフルエンザや一般的な風邪とは違い、
微熱で食欲がある状態が続きますが、
頭痛、鼻水、痰、寒気に苦しめられます。

風邪とはいえ、
鼻に入り込んだ細菌が増殖して悪さしているだけなので、
たいしたことはありませんが、
不快な症状はなんとかしたいものですね。

まずとにかく頭痛を止めたいなら、
ロキソニンを飲めば、すぐに和らぎます。

次に鼻うがいで鼻水を洗浄します。

後は風呂に入ってゆっくりして、
しっかり食事をしていれば大丈夫です。

なぜこれで治るのか?というと、
鼻風邪の原因は悪玉菌よりも増えすぎた白血球が原因です。

白血球は悪玉菌が増えると、貪食して自爆します。

自爆した白血球の破片は、
あちこちに飛び散り、腐敗の原因になります。

これが黄色い鼻水の原因なのです。

そこで登場するのがリンパ球です。

彼らは、侵入してきた悪玉菌の弱点を調べ上げ、
抗体という爆弾を使って攻撃します。

一度作った抗体は何回でも使え、
その時に悪さをしている細菌をすべて除去してくれます。

そこで体内のリンパ球を急速に増やし、
一刻でもはやく鼻風邪を止めるような形にししていけば、
鼻風邪も早く治るということです。

リンパ球はとにかく副交感神経を活発にしていくと増えていきます。

まずは副交感神経を刺激していきましょう。

2015年11月19日 慢性鼻炎による鼻風邪を治す方法とは? 1 はコメントを受け付けていません。 慢性鼻炎