慢性鼻炎による鼻風邪は耳鼻科に行けば酷くなる?

「あそこの耳鼻科に行ったら鼻風邪が治ったよ!」

そんな話をきくと、
まずは耳鼻科に行ってみようと思いますが、
鼻風邪は薬を飲まなくても治ってしまいます。

早ければ1週間、遅くても2週間で何もしなくても完治します。

むしろ薬を継続的に飲んだり点鼻薬を使うと、
治りが遅くなり、慢性的な鼻水に苦しめられます。

アレグラ、クラリスロマイシン、
キプレス、ムコダインなどなどの処方薬はもちろんのこと、
テレビや広告などで宣伝されている市販薬も同様に治りが遅くなります。

そもそもなぜ薬では完治できないのでしょうか?

よく漢方薬は自然から抽出した成分なので体に良いということが言われていますが、
西洋医学から生み出された抗生物質などの錠剤の原材料がなんなのかは、
はっきりしたことが言われていません。

抗生物質の原材料は石油からできているという話もありますね。

どちらにしろ薬の原材料を公にできないのは、
普通では考えられないものを使っていると思ってもいいかと思いますが、いかがでしょうか?

耳鼻咽喉科を否定するわけではありません。

薬で治る病気も当然ありますが、
直接死に直結する病気ではない慢性鼻炎だからこそ、
まずは薬を使うことを一切やめてみましょう。

2015年11月18日 慢性鼻炎による鼻風邪は耳鼻科に行けば酷くなる? はコメントを受け付けていません。 慢性鼻炎