慢性鼻炎による急性副鼻腔炎は自然に治るのか?

急性副鼻腔炎は以外にも自然と治ることがあります。

どういう人が自然に治るのか?と言いますと、
免疫能力が高い人があげられます。

ご存知のように風邪をひくと、
急に寒気がしたり、鼻水、セキ、頭痛などに苦しめられますが、
やがて症状が徐々に和らぎ完治します。

このとき体内では、

1.体内に悪玉菌やウィルスが入り込む。
2.体は侵入者の弱点を調べ上げ、抗体を作る。
3.出来た抗体を侵入者にぶつけて排除する。

のようなやりとりが行われています。

なのに毎年風邪になるのは、

・悪玉菌たちもバカじゃないので、
 毎年違う形に進化して体内に入り込む。

ということです。

悪玉菌も生き物なので、絶滅したくはありません。

当然、薬や免疫能力が高い人間に苦しめられれば、
形を変えて次の戦いに挑むということです。

どんなに免疫能力が高くても、
悪玉菌の新しい攻撃は脅威となります。

とにかく弱点を調べて抗体をぶつけないと
どうしようもないので、悪玉菌の弱点を調べる時間が長ければ
鼻水や頭痛にくるめられてしまいます。

逆に、「弱点を調べる時間」が短ければ、
治りも早くなるということです。

「弱点を調べる時間」を短くするには、
よく食べて、風呂に入って、よく眠ることと言われています。

風邪を治す一般的な方法ですが、
この方法はヘルパーT細胞という抗体を作る細胞を増殖させる効果があります。

ヘルパーT細胞が多ければ、
風邪になってもすぐ治るようになります。

治すためには、
よく食べて、風呂に入って、よく眠ることは不可欠なのです。

2015年11月15日 慢性鼻炎による急性副鼻腔炎は自然に治るのか? はコメントを受け付けていません。 慢性鼻炎