慢性鼻炎による鼻の奥が鼻づまりの場合はどうすれば?(鼻の粘膜の腫れ)

鼻づまりを早急に解消したい場合は、
ドラッグストアで簡単に手に入る、
血管収縮剤の点鼻薬スプレーを使ってみてください。

血管収縮剤のスプレーは数十秒で効果がありますので、
実際に使ってみて良かったと体感できるぐらいに効果があります。

その後、鼻うがいやうがいでアレルゲンを生理食塩水で洗い流し、
抗アレルギー薬を服用していけば、再び鼻づまりがしにくくなります。

後は空気清浄機を使い綺麗な空気を維持できれば完璧です。

血管収縮剤は使いすぎると効かなくなってしまうので、
理想はステロイド点鼻薬を使いながら、
両鼻が塞がり口呼吸しか出来ない状態になれば
血管収縮剤を使のが理想です。

片方だけ鼻づまりになる場合、
鼻づまりの鼻の穴の方を上にして
涅槃仏(ねはんぶつ)のようなポーズをしてると、
まるで鼻づまりが下におりていくように鼻づまりの穴が開放され、
逆の穴がつまります。

この現象を利用して両鼻を鼻うがいで洗浄します。

問題は鼻うがいは逆の鼻の穴から水を排出しますが、
この症状では無理なので生理食塩水を充分入れたら
鼻をかむ行為を続けてみてください。

鼻うがいは朝と夜の習慣化して、
アレルゲンを定期的に取り除けば、
鼻づまりが無縁になり鼻呼吸が当たり前になります。

関連記事
鼻づまりの薬は?
点鼻薬性鼻炎は市販薬でも有効?