慢性鼻炎によるアレルギー性鼻炎手術をしたい場合はどうすれば?

アレルギー性鼻炎を治療するためにレーザー療法がありますが、
アレルギー体質を改善するものでは無いのでいずれ再発します。

鼻づまり解消と、鼻汁を減らす効果があります。

慢性アレルギー性鼻炎は手術に効果的ですか?

私も過去にレーザー治療をやりましたが再発しました。

ではなぜ再発するのかというと、
レーザー治療は鼻の粘膜を焼くために火傷した状態になるので、
体はこの火傷を適切な状態に戻そうとするからです。

ですので私の場合は一ヶ月ぐらいで再発しました。

通常の人なら一年ぐらい持続するようですが、
人により効果は違うようです。

それでは他にどんな手術があるのかというと、
アルゴンプラズマや高周波凝固装置などがありますが、
どれも効果は同じでいずれ再発します。

体内で出来たアレルギー体質を取り除けるのなら
その方法を選択したいですが、現在はアレルギー反応する箇所を
如何にして取り除きどれだけ快適な生活が出来るようにするかが
基本的な療法のようです。

中には鼻の副交感神経を切断する内視鏡手術もありますが、
こちらもアレルギー体質を治す療法ではありません。

結局外科手術でアレルギー体質が改善しないので
再発する恐れが十分にあるという事です。

ところが諦めるのはまだ早いです。

「特異的免疫療法」という方法があります。

この方法は微量のアレルゲンを少しづつ体内に入れて、
アレルギー体質を改善する方法です。

薬が効かない場合に用いる療法ですが、
治療期間が2~3年と長いために、
私はまだやっていませんが、

アレルギー体質を治すならやる価値は十分あると思います。