慢性鼻炎による鼻のアレルギーに効く薬は?

アレルギー鼻炎になる体質は治りにくいですが、
症状を和らげる薬はあります。

まずアレルギーが起こる原因はアレルゲンが入り込むと、
それを排出しようとするために鼻汁を出したり、
くしゃみで吹き飛ばそうとします。

この症状が現れる前の体内では、
ヒスタミンという物質が大量に生成され、
体に危険信号を送っています。

この危険信号を送る現象、
ヒスタミンを抑制させれば症状が和らぎます。

それが抗ヒスタミン薬になります。

抗ヒスタミン薬にはアレロック、
ジルテック、タリオンなどがあります。

これらは耳鼻咽喉科にて処方されますが、
抗ヒスタミン薬の効果が強ければ強いほど
眠気を誘うようになります。

その中でもアレグラは、
最も眠くならない抗ヒスタミン薬として有名です。

次に抗アレルギー薬があります。
抗ヒスタミン薬は発生したヒスタミンを抑える働きがあるに対し、
抗アレルギー薬はヒスタミン発生そのものを抑制させる効果があります。

抗アレルギー薬の成分を調べると、
ヒスタミン薬と同じ成分である事が分かります。

ヒスタミン薬にはアレルギーを抑制させる効果があるものがあり、
それを抗アレルギー薬として処方されます。

症状がすでに出ているとするなら、
抗ヒスタミン薬の方が効果を体感できますが、
耳鼻咽喉科では両方処方されます。

抗ヒスタミン薬の効果は5~6時間程度、
基本的に薬の効能が無くなると鼻炎が再発します。