慢性鼻炎による鼻づまりの薬は?

鼻の粘膜が腫れて起こる鼻づまりは、
スプレータイプの点鼻薬で大抵治ります。

私も粘膜の腫れが酷かったために、
血管収縮剤が入ったスプレータイプの点鼻薬を使ったら、
数十秒で腫れが治まり空気の通りがよくなりました。

ところがこの血管収縮剤は多用すると、
症状を悪化させてほとんど効かなくなってしまいます。

そのため最近最も有効な治療方法がステロイド系点鼻薬になります。

ステロイド点鼻薬は治りが遅く、
早急に鼻づまりをなんとかしたくても、
血管収縮剤のような即効性はありません。

ところがステロイド点鼻薬には
副作用が少なく、長く治療を続けていけば、
鼻づまりが長期的に解消されるようになります。

私は血管収縮剤の使い過ぎで鼻づまりになり、
結果お医者さんからステロイド系点鼻薬を処方してもらいました。

症状は徐々によくなりましたが、
血管収縮剤のような爽快感はありません。

そのためステロイド点鼻薬は効果が薄い点鼻薬のような
思い込みがありましたが、色々成分を調べてみて
もっとも効果的な療法である事が分かりました。

その後、鼻うがいの話を聞いて
朝と夜に鼻うがいを徹底した所、
症状が緩和したため今では点鼻薬を使用していません。

現在も鼻づまりぎみの場合、
薬は使わずに鼻うがいで対応しています。

ほかの記事をよむ。
点鼻薬性鼻炎は市販薬でも有効?
市販されている点鼻薬で鼻づまりは治る?
鼻づまりを解消する血管収縮剤とは?