慢性鼻炎による蓄膿症を解消するには?

蓄膿症を解消するには、
体の免疫バランスを元の状態に戻すことで改善されます。

ご存じのとおり、蓄膿症は悪玉菌が増えすぎて起きる症状です。

本来、善玉菌、日和見菌、悪玉菌の三種がバランスを取りながら、
体の健康を保っているのですが、
疲れやストレス、不健康な食事により悪玉菌が増加します。

この悪玉菌が善玉菌より数が増えると、
体に良いことをしていた日和見菌たちが
一気に悪いことをはじめます。

日和見菌は体内の細菌の約70%ぐらいがそうだと言われているため、
彼らがいきなり悪さをすることを考えると、
悪玉菌よりも日和見菌の方がもっと怖いです。

「昨日までよかったのに、今日になったらお腹が痛い。」

という腹痛と同じようなことが鼻にも起こっており、
蓄膿症に悩まされるということです。

蓄膿症になった黄色い鼻水の成分を調べると、
悪玉菌と、日和見菌、そして白血球の残骸が沢山含まれています。

白血球は体を守るために、
悪さをする最近を食べてくれますが、
それと同時に自爆してしまいます。

自爆した残骸が増えると鼻を汚してしまい、
腐敗して膿を作り、蓄膿症の原因にしかなりません。

白血球では役不足なのです。

それでは、どうしたら良いのでしょうか?

白血球以外にも悪玉菌たちと戦えるものがいます。

それが乳酸菌や納豆などの善玉菌です。

この考えで生まれたのが
「ビオフェルミンでの鼻うがい」だと思いますが、
ビオフェルミンに含まれている乳酸菌たちは、
大腸のような酸素が少ない場所を好むので、
空気が出入りするような鼻には長時間いられません。

そのため、あまり効果ないことを前提で実際にやってみましたが、
やはりたいして変化はありませんでした。

そこでお勧めなのが、ラクボンでの鼻うがいです。

ビオフェルミンのような動物性乳酸菌とは違い、
植物性乳酸菌は酸素や塩が強い場所でも生きることができ、
ぬか漬けにも多く含まれています。

そのような強い細菌を配合して作られたのが、
ラクボンという整腸剤です。

ラクボンはビオフェルミンと同じ整腸剤で、
乳酸菌をベースに作られた錠剤です。

さらにラクボンプラスは納豆菌も入っているため、
厳しい環境でも仕事をしてくれます。

2015年11月3日 慢性鼻炎による蓄膿症を解消するには? はコメントを受け付けていません。 慢性鼻炎