慢性鼻炎による副鼻腔炎症とは?

副鼻腔炎症は鼻の奥にある副鼻腔と呼ばれる空洞に膿が溜まり、
それがある一定まで溜まると、
排出したくなる不快な気分になる症状です。

また副鼻腔炎症以外にも、
急性副鼻腔炎や慢性副鼻腔炎、蓄膿症など、
言い方が違えども同じ症状です。

初期症状は黄色い痰や鼻汁が多く息苦しい症状になります。

当然寝苦しい状態が何日も続きますので、
朝起きても二度寝したり、昼も異様に眠かったり、
悪い不眠症が続きます。

この症状を治すためには滅菌薬が有効ですが、
薬を飲み続けても症状が改善しない場合があります。

その時は透明な鼻汁に変わっている事があり、
急性鼻炎から治りにくい慢性鼻炎に変化している事があります。

今度は慢性鼻炎を治療するために、
何が原因なのかを探さなければいけません。

とりあえず鼻汁が透明の場合、
ウィルスや細菌によるものでは無い事があるため、
まずは鼻の奥を清掃する鼻うがいと、
うがいがお勧めです。

うがいや鼻うがいで症状が和らぐのか?
と思われますが、ゴミや異物が含まれた空気は、
後鼻漏や副鼻腔炎の悪化を招きます。

例えば体に害があるとされるタバコは、
止めた人にしか分かりにくいですが、
喘息や痰がからみにくくなります。

痰がからみにくくなる事は
当然後鼻漏も無くなっているので、
体に悪い空気は慢性的な副鼻腔炎に繋がる事も分かります。

質の良い空気を作るためには空気清浄機が有効です。

私はダイキンのストリーマーを使っていますが、
理由はダイキンにしかない電気集塵方式は、
吸い込み能力が高く評価されていたからです。

またイオンを放出して
付着したウィルスや細菌を死滅させる機能もあるので、
これらの機能が安心して購入するきっかけになりました。

ここでシャープ、パナソニックの体験談も書けたら良いのですが、
こちらは購入すらしていないので残念ながら書けません。

ただし副鼻腔炎に空気清浄機は有効である事をお伝えする事は出来ます。

セキや痰に苦しみ、
とにかく寝れなくて困るなら、
空気清浄機の設置をおススメします。