慢性鼻炎による鼻風邪の治療方法は?

鼻風邪になると、頭痛、痰、黄色い鼻水、
セキなどの症状が現れます。

基本的に一般的な風邪とたいして変わりませんが、
高熱にならない分、楽に過ごせます。

ただ、

すぐには治りません。

早くても1週間、遅くても2週間はかかります。

そしてこの時に処方される薬が、抗菌薬と、
クラリスロマイシンのようなマクロライド療法薬になります。

抗菌薬は善玉菌も全て殺菌してしまうので、
下痢や腹痛を引き起こします。

その予防のために整腸剤も一緒に渡されますが、
善玉菌を失った弱った体は、風邪が治りにくくなってしまうので、
抗菌薬は2~3日ぐらいで十分です。

マクロライド療法薬は、
少量投与で長期間治療をするために耐性菌を作ってしまう恐れがあるため、
医師によっては勧めない人もいますが、そのような医師は少数派で、
大抵はマクロライド療法薬を渡されます。

しかも、完治させるまでに3カ月以上かかってしまいます。

本来2週間ぐらいで治るのに
なんでこんなに時間がかかるのは、
元々この薬は気管支炎に使われていた薬で、

「もしかしたら蓄膿症にも使えるんじゃないのか?」

という思いつきで現在まで広く使われています。

では他の治療法には、どんな方法があるのでしょうか?

微熱だけど、頭痛や鼻水に悩まされるなら、
鼻うがいと乳酸菌を含んだ食材をたくさん食べれば大丈夫です。

私は鼻炎の薬を飲まずに5年になりますが、
今年鼻風邪を体験しました。

治療方法は薬を一切使っていません。

ヤクルト、納豆、ぬか漬けを毎朝食べて、
毎日風呂に30分ぐらいつかり、
夜は早く寝るだけでした。

この時も、
奥につまった鼻水を取り除きたい時は、
鼻うがいです。

結果は完治するまで2週間程度かかりましたが、
耐性菌はありませんでしたし、
薬に依存もしていません。