慢性鼻炎と副鼻腔炎(蓄膿症)の両方の病気になった時は?

まず鼻炎と副鼻腔炎では原因が違ってきます。

鼻炎は環境により過敏に反応する症状なので、
空気中に飛散するゴミなどが原因になります。

めんどうな事になると、慢性アレルギー鼻炎となり、
年中鼻汁が止まらない症状になります。

一方副鼻腔炎は「蓄膿症」とも言われており、
鼻の奥にある空洞「副鼻腔」が炎症して起きる症状です。

細菌が混じった黄色い鼻汁が出ますので、
違いがよく分かります。

治療方法ですが鼻炎は体質の問題なので、
アレルギー鼻炎の検査を行い、
アレルゲンを避ける生活が有効です。

一方、副鼻腔炎の場合は、
細菌を死滅させるための薬を
処方してもらう方法が有効です。

副鼻腔炎が慢性化すると、
ポリープ(鼻茸)が出来たり、
薬だけでは治らなくなりますので
内視鏡手術になってきます。

私の場合、アレルギー性鼻炎と副鼻腔炎の
二つを持っていましたので、治すには苦労がありました。

でも内視鏡手術はいやだったので、ひたすら色んな薬を試したり、
「あのお茶が効果がある」と聞けば飲んでみたり、
色々自分で試してみましたが、後鼻漏からくる慢性鼻炎は残りました。

薬ではまあこの辺りが限度なの
かと思い、
空気清浄機と鼻うがいが今の習慣的な治療方法になります。

まずは蓄膿症が初期症状なら急性と考えて早期治療を考えましょう。

特に急性から慢性鼻炎になり長期的に治らないという悪循環があるので、
薬は最後まで飲み、お医者さんに早く良くなる方法を聞く事が大切です。