慢性鼻炎によるアレルギー鼻炎の鼻づまりを解消する薬とは?

長く続くアレルギー性鼻炎は鼻づまりを引き起こすので、
ステロイド点鼻薬や血管収縮剤が手放せませんが、
鼻づまりを治療するには抗ロイコトリエン薬が有効です。

ロイコトリエンはヒスタミンと同じ化学伝達物質で、
主に腫れや喘息などを引き起こす特徴があります。

抗ロイコトリエン薬は第二世代抗ヒスタミン薬よりも優れ、
鼻づまりのほか、過敏症も治ると言われています。

種類が多い抗ヒスタミン薬はドラッグストアで手に入りますが、
抗ヒスタミン薬はくしゃみや鼻づまりには効果的であっても、
鼻づまりには効果がありません。

鼻づまりを治すためには
血管収縮剤やステロイド点鼻薬で代用するのですが、
即効性があっても持続性がなく、
血管収縮剤はさらに大きく粘膜が腫れてしまうので、
結局耳鼻咽喉科で処方薬をもらうようになります。

ただし即効性がなく、効果が現れるまでに1~2週間かかるので、
即効性が高いステロイド点鼻薬や痰切り薬も一緒に処方されます。

二週間たつと鼻がつまらなくなるので、
薬の効果の実感を感じるようになります。

3ヶ月以上通院してるとロイコトリエン薬一本になります。

この時にシングレアという丸い薬を処方されました。

一か月後。

鼻づまりが解消されましたが、
少し後鼻漏が残っている感じがしました。

抗ロイコトリエン薬にはシングレアとオノンという薬があります。

どちらも薬効は変わりませんが、一日の服用回数が異なります。