慢性鼻炎による鼻水はどこから出るのか?

鼻水はどこから出るのか?

毎日のように鼻水が出てきて辛いですね。
なぜ鼻水が出てくるのでしょうか?

まず、どんな人でも毎日鼻水が出ます。

1人あたり平均1.5Lぐらい。

「じゃあ、なんで他の人は鼻水が出てこないのか?」

それは知らないうちに飲み込んでいるからです。

意外かもしれませんが、これは本当のことです。

これが粘り気が多くなると、痰がからんで不快な症状を作り出します。

ではなぜ、鼻水が止まらなくなるのでしょうか?

鼻水が出てくるのは、
鼻に入った異物を外へ流しだすためです。

風邪やウィルスへの対処、アレルゲンへの対処、
体が不要と判断されたものは全て外へ排出しようとします。

「鼻水が流れることは分かった。とにかく鼻水を止める方法は?」

鼻水を無理に止めようとすると固まってしまい、
鼻づまりを引き起こします。

水のような鼻水が沢山でてきて困っている場合は、
抗コリン薬が有効ですが、この薬は粘り気を増やすだけで、
根本的な解決にはなりません。

まず鼻水が出るときは、なにかしらの異物が付着して
外に出そうとしていますので、
鼻うがいで洗い流してみましょう。

鼻うがいをやって元の症状に戻っても、
根気よく続けることが大切です。

私は、朝と晩の二回だけ実施して、
徐々に回数や日数を減らしていきました。