慢性鼻炎によるくしゃみと鼻水の原因は?

人の体はケガをしても治る仕組みになっています。

ところが鼻炎の場合はちょっと特殊で
体の免疫機能が高過ぎるか、
低すぎるかによって発生します。

どういう事なのか?と言いますと、

免疫機能が高い人の場合、
体に入ってきた物質に対し白血球が、
とりあえず悪い物と決めつけるため
体内で拒否反応を引き起こし、
アレルギー性鼻炎を発生させてしまいます。

逆に免疫機能が低いと、
白血球は外来菌や悪玉菌などに対し、
手当たり次第に捕食した後、
自爆して大量の膿を発症させるので、
副鼻腔炎の原因になります。

白血球は体を守る免疫細胞なのですが、
多すぎれば問題を発生させてしまう事もあります。

「じゃあ、白血球を減らす方法は?」

まず白血球を減らしたり増やしたりする特効薬は
現在のところありません。

その代わり、悪玉菌やウィルスが体内に入ると、
白血球が増えます。

しかし白血球は目視や臭いなどで
悪玉菌たちを感知して増えるのではありません。

白血球は血管を通る細胞で、
自律神経が異常な動きをすると刺激されて
増えたり減ったりします。

例えば、お風呂が熱い、
冬が寒いなどの温度変化を感知するのも
自律神経から脳に伝達されます。

この時に自律神経が使われるので、
白血球の数が変化していきます。