ヨーグルトと牛乳は慢性鼻炎に効果あり?

そもそもなんでヨーグルトが健康に良いと言われるようになったのか?

それには日本人とヨーグルトの関係に理由があるようです。

牛乳に関係する歴史を読むと、
牛乳は飛鳥時代のころから飲まれていましたが、
当時は高価な薬の1つとして扱われており、
めったに口にするものではありませんでした。

戦国時代の頃に少年時代の織田信長が、

「実際に牛になるかどうか試す。」

と言い牛乳を口にした逸話から、
牛乳は日本人が口にするものでは無かったことが分かります。

江戸時代末期では、
日本に訪れた外国人が「牛乳が飲みたい」と言えば、

「そのようなものを飲むから獣のように毛深いのだ。」

と噂したそうでした。

明治時代になり、
日本に訪れる外国人が増えて
日本でも牛乳が製造されましたが、
一般の日本人は口にしませんでした。

結局、戦後日本の頃から始まった
学校給食まで一般的に牛乳を飲むことは無かったのです。

牛乳を使ったシチューやオムレツのようなお馴染みレシピも、
100年前の日本には存在しなかった料理なのです。

ところが学校給食により、
急速に牛乳の需要が高まったため、
日本のあちこちで牛乳を生産するようになり、
製造メーカーがたくさん出来てしまいました。

自分の会社の商品を、
どんなに素晴らしいのかアピールするのは当然の事、
医師や学者を使って牛乳をアピールするので、

「牛乳を毎日飲んだ方が良いんだろうな。」

と誰もが思ってしまうのです。

日本人の平均寿命が延びていますが、
100歳以上で元気な人たちが
全員毎日牛乳を飲んだり
ヨーグルトを食べているのかというと、
決してそうでもありません。

もし乳製品で下痢や腹痛になるなら、
我慢して食べる必要はないと思います。