慢性鼻炎と花粉症の違いは?

「鼻炎」とは色んな鼻の病気を大ざっぱに言っている言葉です。

その鼻炎の中に「アレルギー性鼻炎」という種類があり、
花粉症もこのアレルギー性鼻炎に分類されます。

ハウスダスト、ダニやカビなどと一緒で、
体内で強烈な拒否反応を起こした結果、
くしゃみや鼻汁が止まらなくなる症状です。

拒否反応を起こす物質が花粉というだけで、
それ以外はハウスダストやダニなどのような、
「通年性アレルギー性鼻炎」と大差はありません。

ところが、アレルギー性鼻炎とは違う病気もあります。

それが血管運動性鼻炎です。

この鼻炎は自律神経のバランスを崩した時に起きる鼻炎です。

交感神経と副交感神経のどちらが作用しても鼻炎になるので、
医師によっては「体質だから」という言葉で
片付けてしまう方もいらっしゃいます。

免疫力を高めるために、

「副交感神経を優性にすると病気が治る。」

という方もいらっしゃいますが、
副交感神経が優勢になっても鼻汁が水のようになるだけで、
鼻汁が止まるわけではありません。

鼻汁を止めるには交感神経と副交感神経の
バランスを保つことです。

また、化学薬品で鼻炎になることもあります。

シックハウス症候群や、化学物質過敏症によって、
くしゃみや鼻汁、咳がとまらなくなることもあります。

この場合、原因がハッキリしているのですが、
血液検査やパッチテストを行っても症状が分からないことが大半なので、
自分の病気が分からず苦しむこともあります。