ビオチンで慢性鼻炎が治る?

ビオチンとは、善玉菌から生成させれる栄養素で、
皮膚や粘膜を助ける効果があります。

もともと酵母菌を活性化させるための栄養素として研究されていましたが、
近年アレルギー体質を抑制させる効果があるのでは?と注目されています。

詳しいことはまだ分かっていませんが、
アレルギー体質の人たちの血液に含まれているビオチンの濃度が、
一般の基準の半分以下になっているため、
もしかしたらアレルギーを抑制させる効果があるのでは?
と考えられているためだからです。

このビオチンを増やすにはアシドフィルス菌が有効とされています。

アシドフィルス菌はアレルギーを抑制する乳酸菌として注目を集めており、
カルピス社が販売しているL92菌も有名ですね。

ところが、アシドフィルス菌を増やす食材はほとんど存在しないため、
現在、サプリメントか整腸剤で増やす方法が一般的です。

注意してほしいことは、アシドフィルス菌は比較的生命力が強い細菌なのですが、
口から入れても1%いくかいかない程度しか体内に定着しません。

しかも、意識して摂取していないと、
排便と一緒にどんどん外に出ていってしまうので、
たまに摂取しただけではほとんど効果はありません。

とにかく毎日定期的摂取してこそ意味があるのです。

カルピス社のL92か、ビオフェルミン錠か、
自分の体に合わせてアシドフィルス菌を増やしていきましょう。