通年性アレルギー性鼻炎と慢性鼻炎の関係は?

通年性アレルギー性鼻炎とは、
身近にな物質にアレルギー反応してしまう人を言います。

特に一日中家にいながら鼻炎が治らないとするならば、
カビやハウスダスト、ダニなどが原因ではないか?というのが、
一般的な考え方です。

この通年性アレルギー性鼻炎の場合、
「シックハウス」のような化学物質に反応することもあるので、
一概にアレルギー性鼻炎とも決めつけることはできません。

化学物質が原因の鼻炎は、
病院でアレルギー検査を受けても陰性(問題無し)と判断されるので、
本人がシックハウスに気づくのは、
本やネットで調べたりしてようやく分かる事がほとんどです。

最近ではホルムアルデヒドのような薬品を使った家具も随分減りましたが、
体に悪い物質は、後になってから分かるモノなので、
害の無い薬品だと言われても「実は違いました」という事もよくあります。

そこで、病院でアレルギー検査して反応が出なかった場合、
場所や時間帯により、鼻汁や痰が溜まる不快な思いをしたときに、
手帳などに記載してみてください。

まず、自分が生活している場所で
最も鼻炎になりやすい場所を把握するのも重要なことなのです。

私の場合、朝通勤のときにや、帰るときに
大きいトラックが往来する場所をよく通るためか、
ホコリや、車の排気ガスによく反応していました。

原因が分かったら、

「どうやって避けて生活するのか?」

を考えていきましょう。