慢性鼻炎の対策に善玉菌が効果的と言われる理由は?

まず基本的な対策方法は、
善玉菌を増やす対策を考えていく方法がベストでしょう。

鼻炎と善玉菌というと、
あまり関係ないと思いますが、
実は大いに関係があります。

善玉菌は腸内環境を改善して、
腹痛、便秘を治すと言われていますが、
もう一つ重要な役割があります。

それは腸に入ってきた食材を分解して、
体内に吸収しやすい形にすることです。

善玉菌たちがこの作業をやってくれないと、
鼻炎に効く薬や食べ物を食べても吸収されることもなく、
そのまま排出されてしまいます。

言い換えれば、工場に資材があっても、
作業員がいなければ稼働しないのです。

そして、その中でも最も優秀な善玉菌を
体内に入れればアレルギーが治まる、ということです。

では、その優秀な善玉菌とは何なのか?と言いますと、

アシドフィルス菌と納豆菌です。

アシドフィルス菌はL92菌でお馴染みの、
アレルギーに対して抗体を作ろうとする、
T細胞を抑制させる効果があります。

アシドフィルス菌は元々体内にいる常在菌なのですが、
食生活の悪さや加齢とともに失われていきます。

ただ定着が悪く、すぐに外へ出ていってしまいますので、
定期的に摂取していかないと効果が望めません。

有名なL92菌も毎日摂取して初めて効果がでてくるのです。