ヨーグルトで慢性鼻炎によるアレルギーが治るって本当?

乳酸菌がアレルギー対策に効果的だと言われているのは、
ここ最近の話ですが、とりあえずヨーグルトを食べたら、
治るわけではないようです。

アレルギーは体の防衛機能が
過敏に反応するために起きる病気で、
この防衛機能を「ヘルパーT細胞」と言われています。

ヘルパーT細胞が増えると、
ちょっとしたことでも体の外へ追い出そうと働くので、
一言で言うと、面倒くさい細胞です。

この面倒くさい細胞は、ある乳酸菌を摂取すると
無くなっていくと言われています。

その乳酸器の名前は、「アシドフィルス菌」と言います。

アシドフィルス菌は、体内にあるヘルパーT細胞を壊してくれます。
現在、ヘルパーT細胞を壊す乳酸菌は、
アシドフィルス菌しか確認されていないので、

この細菌がアレルギーの特効薬になるのでは?

と注目されています。

最近、カルピスがL92細菌のヨーグルトを販売していますが、
このL92細菌もアシドフィルス菌のことを言っていますね。

アシドフィルス菌は常在菌として、
人間の体内でも生活している細菌ですが、
根付くことなく体外へ出て行ってしまいます。

それでもある程度は体内で発生するので、
増えることも、減ることもなく、一定量を保っています。

そこで、L92を定期的に摂取していけば、
体内の一定量からプラスアルファが期待できて、
結果としてアレルギーを抑制できるということです。