慢性鼻炎にパブロン鼻炎カプセルは?

パブロン鼻炎カプセルには「S」と「Z」の2種類あります。

「S」は抗ヒスタミン薬成分を中心に、
アレルギー性鼻炎の症状を抑える色々含まれているので、
まずはパブロン鼻炎カプセルSがお勧めです。

成分は血管収縮剤(塩酸プソイドエフェドリン)と
抗ヒスタミン薬(マレイン酸カルビノキサミン)、
そして抗コリン薬(ベラドンナ総アルカロイド)が配合されているので、
水のような鼻炎に対しても効果的かもしれません。

最後にリゾチーム塩酸塩は痰切り成分なので、
これ一つでアレルギー性鼻炎は幅広くカバーできるように作られています。

一方パブロン鼻炎カプセル「Z」ですが、
こちらはケトチフェンフマル酸塩という成分しかありません。

この成分は第二世代抗ヒスタミン薬に分類されますが、
かなり強い眠気があるようです。

第二世代抗ヒスタミン薬は、
「抗ヒスタミン作用を有する抗アレルギー薬」とも言われ、
製薬会社さんにより「抗ヒスタミン薬」だったり、
「抗アレルギー薬」という名前で販売していますが、
どちらも成分は一緒のようです。

他にもノバルティスファーマで「ザジデン」という鼻炎薬で、
フマル酸ケトチフェンという成分名を表記して販売していますので、
パブロン鼻炎カプセル「Z」と同じ効果が期待できると思います。