慢性鼻炎による副鼻腔炎の薬とは?

初期(急性)の副鼻腔炎には抗菌薬が処方されます。

レントゲン検査で鼻の穴の横などに白い物があって、
「ここに鼻水が溜まっているね。」
などの説明があった場合は、
副鼻腔炎と思って間違いありません。

抗菌薬はおおよそ一週間分を処方されますので、
最後まで滅菌するつもりで服用した方が再発しません。

アルコールやお茶で服用すると、
効果が薄くなるので注意してください。

治療から一週間後、
鼻汁が黄色から透明になります。

この透明の鼻汁が
長く排出されていると、
慢性副鼻腔炎と診断されます。

この時処方される薬は、
マクロライド抗生物質になります。

慢性鼻炎だと診断された場合に処方される薬で、
少量で長く服用しながら完治させる療法になります。

治療期間は三か月程と言われています。

「うん、ちょっと新しい薬やってみようか。2週間ぐらいしたらまた来てね。」

と言う時は、大抵マクロライド抗生物質になります。

処方薬はエリスロマイシンやクラリスロマイシンになります。

他は急性、慢性に関係なく痰切り薬のムコダイン等と、
ステロイド点鼻薬を処方されます。

また副鼻腔炎と診断されていても、
アレルギー関連の薬も処方されることもあります。

副鼻腔炎で症状が治まらない場合は
アレルギー性鼻炎も視野に入れてみましょう。