慢性鼻炎による後鼻漏で咳が止まらない場合は?

長い後鼻漏が続くと、ノドに粘度性の高い痰が付着します。

痰を口から排出しようとすると、
ノドが炎症して渇いたような
パサついた咳が止まらなくなるという
不快な症状を引き起こします。

この症状を治療するためには、
水分を多めに飲んでノドを湿らせたり、
ミント系の飴やノド飴がいいですね。

後は咳を繰り返せば炎症のキズが大きくなるので、
なるべく咳を出さないようにする方が効果的です。

ただし、睡眠中に咳が止まらないようなら
呼吸器科に行った方が良いかもしれません。

私も咳が止まらなくなった時に、
気管支喘息と診断されました。

この時に「アドエアディスカス」という
ステロイド吸入薬を処方され、
しばらく使っていました。

症状は2週間ぐらいで改善されましたが、
いつまで経っても

「それでは次はこの日にきてください。」

と何度も言われ

「このやりとり、いつまで続けたら良いのか?」

と思い、三ヶ月通院してやめました。

喘息は若い頃に発症した時は、
1~2ヶ月ステロイド系吸入薬を使えば治ります。

年齢や健康状態により、
途中でやめると再発する方もいるので、
医師はそれを心配していたと思います。

再発すると慢性的に咳が止まらない病気になるので、
私のように途中で通院をやめる方法は
よくないのかもしれません。

もし家族から
「昨日の夜すごい咳をしていたよ?」
と言われた場合、気管支喘息の可能性がありますので、
まずは呼吸器科に行きましょう。