慢性鼻炎による鼻水を止める薬は?

鼻汁を止める薬を紹介します。

・抗ヒスタミン薬
くしゃみと鼻汁に効果がある、いわゆる「花粉症の薬」です。
症状を治すのではなく症状を抑える薬で、持続性は半日から1日程度です。
効果が無くなると再発します。
薬の種類がとても多く、効果が強くなれば眠くなります。

・抗ロイコトリエン薬
鼻づまりに効果的な錠剤として処方する医師もいますが、
鼻汁やくしゃみにも効果的で、第二世代抗ヒスタミン薬より
優れていると言われています。
オノンやキプレスという処方薬で知りましたが、
市販薬では無かったような気がします。

・マクロライド抗生物質
慢性的な副鼻腔炎治療に使われる薬です。
3ヶ月以上服用しないと治らないと言われています。

・抗菌薬
急性副鼻腔炎の時に処方される、全ての細菌を滅菌する薬です。
善玉菌も滅菌してしまいますので、下痢を起こす場合もあります。
黄色い鼻汁に効果的です。

・抗コリン薬
水のような鼻汁の粘度を高めて止める薬です。
成分表には抗コリン成分もしくは、
ベラドンナ総アルカロイドと書かれています。
即効性がありますが、持続性が短いので
1日に3~4回服用しないと効果が望めません。

どの薬も即効性があるかわりに持続性が無いものが多いのが特徴です。

また鼻汁は、環境により過敏に反応する場合があります。
寒かったり、暑かったり、埃っぽい所だったり。
辛い物などの刺激が強い食べ物も、一時的に鼻汁が止まらなくなることもあります。

空気清浄機がある部屋にいると症状が和らぐこともあります。