慢性鼻炎によるアレルギー性鼻炎に手術は効果的?

鼻炎の手術の代表格でレーザー治療があります。

最近では一般的になり、
受けられた方も多いのではないかと思います。

実は私もレーザー治療を受けました。

最初に麻酔をやりますが、
麻酔薬を含ませたガーゼを鼻に詰め込むので、
これが辛かったですね。

ガーゼを詰め込まれた状態で看護師さんから、
「この状態で15分待っててください。」
と言われ、早く15分にならないかな?
と時計の針ばかり気になりました。

麻酔が鼻からノドに下りるが飲んでしまっても問題ない。
と先生は言っていましたので、そのまま飲んでいました。

ガーゼを抜いた後はいよいよ照射になります。
「痛みはほとんどありません。」
と書かれているネットの体験談が多かったですが、
「少しチクチクする痛みがあるかもしれません。力を抜いて~」
と先生に言われ、「ああやっぱり痛いのか・・・」
と少しドキドキしました。

照射している最初は痛みはありませんが、
後から針で引っ掻いたような痛みを感じます。
また照射している時に焦げ臭い匂いが鼻の中を通ります。
「ちょっとリラックスして~」
そう言われても痛くて辛いですが・・・
少し涙目になりながらも終了。

術後は空気が通りやすくなり快適になります。
鼻水は止まりません。まあ我慢できる程度です。

その後、一ヶ月ぐらい経過したらまた再発しました。
くしゃみや鼻水が止まらなくなり、その後はいつもの慢性化。

実はレーザーでアレルゲンを取り除いても、
アレルギー反応まで無くせない事がその後に分かりました。

レーザーは大抵の人に有効みたいですが、
どうやら私には関係なかったようです。

なお費用は8000円でした。