慢性鼻炎による花粉症なら漢方が効果的?

花粉症の時に、いろんな種類の薬を試しても効果が無かった場合、
漢方を使ってみたらどうか?という疑問が浮かびます。

漢方は症状を治すというより、
かたよった体質を元の状態にもどすことで、
自然治癒を早めるという考え方に基づいて処方されています。

例えば、痩せている人、太っている人、
冷え性の人、普段から血圧が高い人など、
人それぞれ違えども、皆口をそろえて、

「くしゃみ、鼻水が止まらない。」

と医師に相談したとします。

この時に耳鼻咽喉科なら
同じような薬を処方すると思いますが、
漢方の場合は、それぞれ患者さんに合わせて、
違う生薬を組み合わせて処方します。

同じ漢方薬でも人により
改善しない場合があるので、
知人や他人のブログを読んで、

「すごい効果があった!」

と言われて使っても、治りが遅い、効き目がない、
というイメージが一般的に強いの特徴です。

注意!

鼻づまりを起こした時に使う市販薬で、
血管収縮剤などが有名ですが、
漢方の「麻黄」という生薬を元に作られています。

麻黄は、西洋医学ではエフェドリンという成分に分類されおり、
風邪や鼻炎に効果的な漢方には大抵、麻黄が含まれています。

エフェドリンは世界的にドーピング検査の禁止物質に指定されていますので、
スポーツ選手で漢方薬を服用する際は注意しましょう。