慢性鼻炎で鼻が詰まる原因は?

花粉症で鼻が詰まる原因は、
アレルゲンが付着するから鼻の粘膜が腫れて・・・・。

という話を聞くかと思いますが、
副鼻腔炎でも同じように鼻の粘膜が腫れるので、
アレルゲンだけが影響している分けではないようです。

病院に行くと、錠剤とカプセル、点鼻薬を渡されます。

錠剤とカプセルは、
抗ヒスタミン薬、抗ロイコトリエン薬、
抗菌薬、痰切り薬など色んな薬がありますが、
ネットで薬の名前で検索すると、

「ただし、鼻づまりは解消しません。」

という文を見ることがあります。

また、鼻づまりを医師に伝えると、
アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎に関係なく、
ステロイド点鼻薬を渡されます。

私は副鼻腔炎の時に医師から
アルロイヤーという点鼻薬をもらいましたが、
この薬はコンタックスの鼻炎スプレーと同じ成分になります。

コンタックス鼻炎スプレーは
「季節性アレルギー専用」と記載がありますが、
鼻づまりなら、どちらが原因でも効果があるでしょう。

このことから、鼻の粘膜の腫れはアレルギーだけが原因ではなく
鼻汁が何度も鼻を通過したり、くしゃみがひどかったりすると、
鼻に刺激が加わるから腫れるのだと思います。

錠剤では鼻づまりは治りませんので、
点鼻薬を使って治していきましょう。