慢性鼻炎とラブレ菌の関係とは?

ラブレ菌は「ラクトバチルス属ブレビス菌」と言い、
略語でラブレ菌と言います。

ラクトバチルス属は、
体内に住むアシドフィルス菌や、
ぬか漬けに住むプランタラム菌も含まれるので、
非常に豊富な種類の一つとしてよく分かります。

ラブレ菌は京都の「すぐき漬け」から発見されて、
塩や酸素に強く、酸にも強いことから、
非常に生命力が強い乳酸菌として注目されました。

主な特徴はナチュラルキラー細胞を活性化させて、
ウィルスに感染を抑える効果があるので、
風邪などの病気になりにくくなる体を作ります。

抗ガン作用もあるので、
聞いたことがある方もいらっしゃると思います。

もちろん悪玉菌が苦手な酸をばらまき、
腸内環境を整えてくれるので、
ラブレ菌だけでかなり効果が期待できます。

非常にがんばり屋のラブレ菌なのですが、
もともと植物に寄生していた乳酸菌なので、
やはり1週間ぐらいすると外に出てしまいます。

やはり人の体は住みにくいのでしょうか?

ヨーグルトにラブレ菌を入れた食品もありますが、
おそらくオリゴ糖などを添加して、
ある程度は生きていけるようにしているのだと思います。

植物性乳酸菌は食べ物が無くなると出ていくので、
ラブレ菌を摂取するには、毎日漬物を食べる方法が一番効果的でしょう。