悪玉菌とアレルギー性慢性鼻炎の関係は?

アレルギー体質を改善するために、
善玉菌が影響している事は事実なのですが、
これだけではアレルギー体質は改善されません。

悪玉菌が少ない人にも、
アレルギー反応が起こるのです。

ちょっとした異物でも反応してしまう過敏症の方です。

悪玉菌の数が少なく体の防衛機能が強すぎるので、
くしゃみ、鼻汁はもちろん、食物アレルギーにも影響を及ぼします。

ところが、今までの事実をくつがえす研究報告がありました。

悪玉菌の何かはまだ明確になっていませんが、
悪玉菌もアレルギー反応を抑制させる効果があるということです。

悪性の強いウェルシュ菌などが分類される、
クロストリジウム属の細菌が
アレルギー反応を抑制するとのことでした。

悪玉菌が増えすぎると、
日和見菌たちも悪さを始めます。

また、腸内環境が荒れるので、
タンパク質もアミノ酸として分解されず、
そのまま体内で吸収しようとするので、
簡単には増やせないのです。

そのためには、まず善玉菌を増やすことが大切です。

後は、滅菌しないことです。

過剰に消毒したり滅菌処理を行った子供は、
アレルギー反応が起こりやすくなるとも言われており、
過敏症になってしまうのです。

善玉菌を増やしても、悪玉菌を滅菌してはならないのです。