オリゴ糖だけで善玉菌が増える?

オリゴ糖は体内で分解も吸収もされない糖分ですが、
善玉菌にとって大事な食べ物になります。

このオリゴ糖には色んな種類があり、
食材や発酵のさせ方により善玉菌の種類が決まってきます。

たとえば、ビフィズス菌は母乳に含まれる、
ミルクオリゴ糖を食べ物にしています。

これは牛乳やヨーグルトに含まれていますが、
人に住み着いているビフィズス菌は、
人の母乳を最も好むようです。

最近の研究結果では、
りんご、バナナ、ニンジンも好むことが分かったので、
ビフィズス菌を増やすための食品として注目されていますね。

他にもヨーグルト発酵のためにブルガリア菌、納豆菌は大豆など、
ぬか漬けやキムチにはバチルス菌やコッカス菌、
ラブレ菌は、京都の「すぐき漬け」から発見されているので、
乳酸菌によって住処や食べ物が違うことが分かります。

「じゃあ、何を食べれば良いのか?」

と思うのですが、
「オリゴ糖」という一つの言葉だけで片付けるのではなく、
色んな食材を食べて、初めて腸内フローラが形成されるということです。

玉ねぎ、ゴボウ、ニンジンなどはぬか漬けになりますし、
納豆菌なら、もともと大豆に住んでいたので、
ミソ系の料理が納豆菌を育てるオリゴ糖になります。

ところが、いきなり強力なサプリで増やそうとすると、
オリゴ糖が大腸に残留して腐敗してしまうということです。

最初は食生活を見直しながら増やす方法が効果的でしょう。