慢性鼻炎なら乳酸菌や納豆菌が効果あり?

毎朝6km走っていたら、
痩せ細ってひ弱な体になったので、
「肉を食べた方がいいのかな?」
と思いました。

ところが、肉類は悪玉菌の増加させるため、
毎日食べるのは危ないので悩んだ結果、
「納豆」を食べることにしました。

納豆は高カロリー、高タンパク質なので、
ほぼプロテインに近い役割をしてくれます。

しかも納豆に含まれている納豆菌は、
善玉菌にとって邪魔な悪い細菌と戦う力もあるので、
善玉菌が住みやすい環境を作ってくれます。

納豆菌は胃酸に強く、腸までたどりつき、
善玉菌より何倍も速いスピードで腐敗菌を滅菌してくれるので、
腹痛になりにくくなると言われています。

下痢気味のブタやニワトリに納豆を与えると下痢が治るので、
調子が悪い犬やネコに納豆を与える方もいらっしゃいますね。

世界的にみてもマイナーな健康食品の納豆ですが、
善玉菌を増やす強力なパートナーなのです。

和食が健康に良いと言われて随分たちますが、
日本人は和食を食べなければ生きていけない
体になっているのかもしれません。

例えば白人に比べて
日本人の腸は長く、鼻が低いことは、
長い年月、色んな食材を食べて今の体を作っています。

体調が悪くなるのは、食生活が変化した結果なのでしょう。