乳酸菌で慢性鼻炎を治す食べ物とは?

毎日の牛乳とヨーグルトを止めても、
アレルギー性鼻炎も副鼻腔炎も治りません。

代用として考えたのが、「ぬか漬け」でした。

乳酸菌には植物にくっつくものと、
動物にくっつくものの2種類に分かれており、
ヨーグルトのような乳酸菌は生命力が弱く、
すぐ死んでしまうのだそうです。

一方、野菜にくっつく乳酸菌は生命力が強く、
胃酸では中々死滅しません。

それどころか他の細菌とも共存でき、
腸内整備をすぐやってくれます。

しかし、乳酸菌を増やしても、
エサがなければ数が減ります。

この時に使われるのが「オリゴ糖」です。

オリゴ糖は乳酸菌の大好物ですが、
一度でも摂取を止めると激変して元に戻ってしまいます。

またオリゴ糖は、体内に吸収されず、
過剰に摂取すると大腸に蓄積されて腐敗してしまいます。

そのため少量を少しづつ摂取する方が、
効果的になります。

ドラッグストアではオリゴ糖そのものが
便秘解消の薬みたいな位置づけで売られていますが、
オリゴ糖を含む食品を定期的に摂取していけば問題ありません。

代表的なものが玉ねぎとゴボウです。

玉ねぎもゴボウもぬか漬けにしても美味しいので、
乳酸菌とオリゴ糖をダブルで接種することができます。

他にもキャベツもオリゴ糖を含みます。