乳酸菌を増やすためにヨーグルトは食べてはいけない?

子供の頃から牛乳とヨーグルトを毎日食べていましたが、
鼻汁や後鼻漏は治りませんでした。

高校生のころアレルギー性鼻炎にかかり、
ますます症状が悪化しましたが、
健康のためだと思い、ヨーグルトを食べ続けていました。

ある時、どうしても鼻炎を治したいと思い、
ネットで鼻炎の治し方について調べると、

「鼻炎対策に乳酸菌。ヨーグルトを食べて治す。」

・・・ウソでしょ?と思いました。

仮に乳酸菌が鼻炎の治療のカギを握っていたとしても、
ヨーグルトは違うと私は思っています。

その後、なぜヨーグルトでは善玉菌が増えないのか調べていくと、
大人になると「乳」は飲まないので、乳製品を分解して吸収する機能が
退化してしまうからだという事でした。

乳製品が分解されないと、
体内で吸収されずに蓄積されて腐敗していき、
悪玉菌の食べ物になってしまうのです。

やがて、善玉菌が「劣性」となり、
日和見菌たちが悪さを始めます。

ヨーグルトは腸まで届く乳酸菌が、
善玉菌を増やすための力になってくれますが、
同時に悪玉菌も増やしてしまう
「諸刃の剣」になってしまうのですね。

幼い頃から鼻炎と腹痛に悩まされていましたが、
その後の私はヨーグルトも牛乳も飲まなくなりました。