ジョギング中に鼻水(鼻汁)が止まらないのは慢性鼻炎?

つい最近、サッカーのネイマール選手が、
相手選手に鼻水を飛ばしたことが話題になっていますが、
スポーツをしている時に鼻汁が止まらない事は、
本当に悩みました。

まずは、ジョギング中に鼻水が止まらないので、
他の人はどうしているのかネットで調べると、
鼻水を吹き飛ばしてる方がいました。

他にも、鼻水を一気に吸いこんで
ノドから痰を吐いている方もいました。

かなりスッキリしますが、
周囲から冷たい視線をあびるみたいですね・・・。

私は走っている時にティッシュで対応していますが、
風でティッシュが飛びそうになるので、
かなり面倒くさいです。

長い間、鼻炎に苦しめられていると、
副鼻腔炎もアレルギー性鼻炎も治っているのに、
この症状だけ治らないことに気づきました。

同時にいつも顔に異常な汗をかくので、
こういう症状も鼻汁と何か関係があるのでは?
と考えました。

泣くと鼻汁が止まらなくなりますが、
これは涙と鼻汁は同じ成分だから
目と鼻から排出されます。

そして汗は涙と同じ成分。

つまり汗と鼻汁は関係しているんですね。

そこで、

「汗を止めれば鼻汁も止まるのでは?」

と思いました。

汗をかくときに、
自律神経が活発に作用するから、
交感神経をマヒさせるか動かなくなれば、
汗をかかない、鼻汁が出ない、などにつながると思いました。