熱いものや辛いものを食べると慢性鼻炎になる?

鼻炎で避けて通れないのが、食べ物です。

私は幼い頃から多汗症に悩まされていましたが、
ラーメンやカレーが大好きでした。

食べると滝のように汗が止まらなくなり、
多量の鼻汁が出るので、
なるべく人前では食べないようにしています。

なぜ熱いものや辛いものを食べると、
鼻汁が止まらなくなるのか?

自分の経験から考えると、
「外の気温より自分の体が一定以上に熱くなると鼻炎になる。」
と思いました。

どういう事かと言うと、

・寒い冬のスキー
気温より体温の方が熱いですね。

・ジョギングなどスポーツ
寒くなくても汗をかくぐらいなら、
外気より体温の方が熱くなります。

・うどんやカレー
急激に体温を上昇させますので、
外気より体温の方が熱くなります。

気温が25度前後で体温が36度前後なら何も起こりません。

逆に気温が40度近くになって、
体温が36度前後の場合も何も起こりません。

鼻汁が大量に出る時は、気温が著しく低いか、
自分で体温を著しく上げた場合に起きたのです。

こういう症状はアレルギー鼻炎や副鼻腔炎を
患っている時には気づかなかったのですが、
後鼻漏を治すためのヒントになるのかもしれません。

こういう時に漢方薬で発汗を抑えたり、
ナスやトマトなど体温を上昇させない野菜も浮かびます。