慢性鼻炎による蓄膿症で痰が多い時の水分補給はあり?

蓄膿症(副鼻腔炎)になると、
痰が溜まるようになるので
喉になんとも言えない不快感があります。

痰が出せるようなら出してしまえば良いですが、
エヘン虫などで痰を吐き出そうとすると、
喉を荒らす原因にもなります。

鼻汁が下りて痰が溜まる疾患を、
後鼻漏(こうびろう)」と言い、
中々完治しないため生活をしていて本当に苦労します。

それでも少しぐらいなら症状を和らげる事はできます。

まずミネラルウォーターを飲みましょう。

体内の水分を増やせば鼻汁がサラサラになり、
喉に粘度性が高い鼻汁が溜まらなくなります。

水分を含んだ鼻汁は喉に落ちやすくなるので、
無意識的に鼻汁を飲んでしまいますが、
特に問題はないようです。

実際どれくらい効果があるかと言いますと、
日常生活していて数回程度しか痰を吐かなくなります。

どれぐらい飲んでいるのかと言いますと、
一日に朝と晩に500mlのペットボトルを
一本ずつ飲んでいますので、まずそれで2本。

他にもお茶も飲むので、
一日1500ml以上は飲んでいると思います。

なお私の身長と体重は176cmの72kgです。

次に水ですが、天然水が一番いいそうです。

人工的に作られた純水もありますが、
純水に魚をいれると死んでしまうので、
綺麗な水でも体に入れるならやはり天然水でしょう。