慢性アレルギー性鼻炎の鼻づまりを解消したい時は?

アレルギー性鼻炎を抱えていて、
鼻づまりになると治療に苦労します。

口がぽっかり空いて口呼吸がメインになるので、
集中力が低下して何も出来なくなったり、
ノドが渇くようになるので気管支喘息に繋がることもあります。

こうならないためにもどうやって治療していけば良いのかと言うと、
鼻の中を洗浄して清潔さを保ちつつ綺麗な空気を吸い続けることが治療になります。

どういう事かと言いますと、
ステロイド点鼻薬も血管収縮剤ももちろん重要ですが、
一時的に症状を緩和するだけなので効果がなくなると元に戻ります。

基本的に薬は「毒」なので、どんなに安全だと言っても、
何度も使えば鼻に負担がかかるので薬害性肥厚性鼻炎にもつながります。

ステロイド点鼻薬では薬害性肥厚性鼻炎になりにくいとされていますが、
注意書きを読むと、「一ヶ月以上の使用は避けてください。」とあるので、
鼻がつまれば使えば良いという考えが間違っていることも分かります。

点鼻薬は鼻の通路を確保する道具にしか過ぎません。

鼻うがいや家庭用ネブライザー(超音波温熱吸入器など)などで、
鼻の奥を洗浄してアレルゲンを取り除いてしまうとくしゃみが止まります。

くしゃみが止まれば鼻づまりも徐々につまらなくなるので、
最終的に薬が無くてもつまらなくなるという事です。

綺麗な空気は空気洗浄器を寝る間だけでも設置しましょう。

アレルゲンが付着しなくなるので体の抵抗力がアップします。