慢性副鼻腔炎とアレルギー性鼻炎の違いは?

慢性副鼻腔炎になりながらアレルギー疾患を抱えていると、
薬だけでは治療できない自分に気づきます。

くしゃみ、鼻汁、鼻づまり、痰、咳。

病気の症状はどれも一緒なので治すのに苦労します。

実を言いますと、慢性鼻炎はいくつもの症状が重なって起きるために、
原因を特定して治しても他の症状が改善していないから、
鼻汁や鼻づまりがそのままになっている人もいます。

「治っていないのでは?」と考えるのは当たり前で、
私も病院や診療所に不信感を抱くたびに、
病院をかえてきました。

そこで抗生物質で治らなかった場合、
漢方薬で治療してみたらどうか?と私は考えます。

漢方薬は効果が薄そうなイメージがありますが、
基本的に漢方は一週間ぐらいすると効果があらわれます。

この時に、
「鼻汁が透明に変わった。」「咳がなくなった。」
などあれば、そのまま飲み続ければ良いですし、
それ以上治らないなら他の疾患もあるので、
耳鼻咽喉科に相談しながら治療していけば良いでしょう。

私は今まで漢方薬を使って鼻炎が治った事がありませんが、
漢方薬は抗生物質より早く風邪が治るなどの良い臨床結果もあるので、
鼻炎に効果的な漢方は無いかと思っています。

中でも「小青竜湯」が一番鼻炎に効果的だと言われています。

参考までに漢方についてまとめました。

後鼻漏に有効な漢方薬とは?