慢性鼻炎による花粉症に効く市販の点鼻薬の種類は?

花粉症が長くつづくと粘膜が腫れて鼻づまりになりますので、
点鼻薬も併用しないと治療が出来ないことにきづきます。

ではどんな薬があるのでしょうか?

まずナザールとザジデンAL。

ナザールは血管収縮剤(ナファゾリン)をベースに作られた薬品なので、
鼻づまりに即効性がある点鼻薬になります。

しかし、使いすぎると効果がなくなるので、
結局耳鼻咽喉科に行くことになります。

鼻づまりを解消するための血管収縮剤には何がありますか?

ザジデンALは強力な抗ヒスタミン薬をベースに作られたスプレーです。

幹部に直接吹きかけるため、眠くならないのが特徴です。

最後にナザールARとコンタック鼻炎スプレー。

この二つはステロイド点鼻薬になります。

ステロイド点鼻薬は
血管収縮剤に比べて副作用が少ない(ほぼ無い。)ので、
処方薬としてもらうことがあります。

効果が現れるまでに1~2週間かかりますので、
私の場合、途中で諦めて使わなくなってしまう事もありました。

しかし、継続して使うと腫れが徐々に治まり、
薬が無くても生活できるまでに回復します。

そのためステロイド点鼻薬が最もおすすめです。

ナザールARかコンタック鼻炎スプレー、
どちらか購入して試してみましょう。