慢性鼻炎でくしゃみと鼻水がひどい場合はどうしたら?

くしゃみと鼻水がひどい時は耳鼻咽喉科に行きましょう。

これは処方薬をもらいに行くのではなく、
症状がなんなのかをハッキリさせるためです。

いきなりドラッグストアに行き、
「くしゃみ、鼻水・・・コンタック鼻炎薬かな・・・」
もちろんこれで治る事もありますが、
関係の無い薬を選ぶと症状がひどくなり慢性鼻炎になります。

他にも生活改善が鼻炎の治療に関わってきます。

例えばアレルギー性鼻炎ですと、どんなに良い薬を手に入れても
アレルゲン(原因物質)が蔓延している所にいれば
治りにくくなってしまいます。

風邪をひいているのに暖房も布団も無く
薄着で雪国にいるようなものだから、
当然治らないでしょうね。

アレルギー性鼻炎も副鼻腔炎も、
くしゃみ、鼻水、痰がでますので
見た目だけでは判断できません。

ですから耳鼻咽喉科に行きます。

しかし、風邪、副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎、
全て陰性で何が原因か分からないと、
「血管運動性鼻炎」と診断される事があります。

血管運動性鼻炎とは何ですか?

血管運動性鼻炎は透明で水のような鼻汁が多いので、
抗コリン薬成分がある薬で治ることもありますが、
副作用が心配されるので処方しない(できない)病院もあります。

まずは耳鼻咽喉科に行って、
どうやって治療していくか考えましょう。