ハウスダストと慢性鼻炎の関係とは?

ハウスダストによるアレルギー疾患は治りにくいのが特徴です。

私は過去にパッチテストをやった時に、
真菌系とダニが影響している事が分かりました。

しかも最悪な事に副鼻腔内(上顎洞)で真菌が増殖して、
咳や痰が止まらず困り、鼻の穴から上顎洞にむかって穴をあけて
洗浄するという療法を受ける事になりました。

副鼻腔真菌症の症状とは何ですか?

その後、症状が回復したとはいえ、
ハウスダストについて調べると、
気密性の高い家ほどハウスダストが溜まりやすく、
真菌やダニが発生しやすいという事がわかりました。

まず湿気があっても空気が基本的に流れないので、
家屋が乾燥しにくく真菌(カビ)が発生しやすい環境になるそうです。

特に日本は元々湿気が多い国なので、
気密性の高い家はカビを繁殖させやすい家にしてしまうんですね。

しかも長期優良住宅が盛んに宣伝されている今、
どこのメーカーも断熱性が高く気密性が高い家を一生懸命宣伝していますので、
ワイン蔵みたいな風通しの悪い家が沢山たつようになっています。

ところが長期優良住宅の基準に気密性には明確な指数がないのです。

省エネルギー等級が定められているので、
通気性が高いと必然的に冷暖房の効率が悪くなるから、
明確な指数が無くても必然的に気密性が高くなってしまうのでしょうか。

もし新しく家を建てられるなら、
気密性についても考えてみましょう。