鼻炎薬の眠気対策について。

第二世代抗ヒスタミン薬が流通するようになりまして随分たちますが、ヒトにより眠くなる方も多いようですね。

抗ヒスタミン薬は体の化学物質ヒスタミンを抑える役割があり、これを飲むことで鼻水やくしゃみなどの症状を緩和させる力があります。

ところが一方では、効果が強まると眠くなるという副作用があり、薬の効果はそのままでありながら眠くならないという薬が研究されてきました。

そうしてできたのが、アレグラ(フェキソフェナジン)などの第二世代抗ヒスタミン薬になるというわけです。

一見すると、アレグラを飲んどけば良いのかという書き方になってしまいましたが、こちらを見てください。(1)

こちらには「脳内H1受容体占拠率の表」があるのですが、抗ヒスタミン薬は受容体と結合することで効果があらわれるわけで、アレグラはたしかに脳に対するH1受容体占拠率が低くても効果がそこまで望めない、ということになります。

逆に受容体占拠率が高いケトチフェンフマル酸塩(通称ケトチフェン)は効果が高くても、眠くなるということです。

ケトチフェンはたしか第二世代抗ヒスタミン薬だったような気がしたのですが、これでは第一世代抗ヒスタミン薬と変わらない感じですね。

眠くならない抗ヒスタミン薬はアレグラしかない。
ただし、強い効果は望めない。

実際に日本で承認されている抗ヒスタミン薬の中で「自動車等の機械を操縦する場合は注意」されている一覧に含まれていないのはアレグラとクラリチンぐらいしかありませんので、花粉が飛散する季節で病院でやたらと処方される薬がアレグラ(フェキソフェナジン)ばかりなのはそういうことになります。

もし、アレグラを飲んでいて、

「先生、あの薬飲んでもくしゃみや鼻水が全然止まりません。」

というと、アレジオンやアレロック、それよりも強い薬を求めると、ジルテックやザジテンが処方されるというわけです。

ところが、先ほども申し上げた通り、強い薬になればなるほど眠気が強くなるわけで、この眠気をどうしたら良いのか?ということになると、「興奮剤が添付された抗ヒスタミン薬を試してみる」のもありかと思います。

興奮剤が添付された抗ヒスタミン薬は昔からあり、第二類医薬品としても流通しているものもたくさんありますので、ドラッグストアで簡単に手に入ります。

たとえば「鼻炎薬Aクニヒロ」という薬に使われている抗ヒスタミン薬は、d-クロルフェニラミンマレイン酸塩は「ポララミン」という第一世代抗ヒスタミン薬と同等の成分になります。

即効性が高く、当然眠気も発生しやすいのですが、代わりに塩酸プソイドエフェドリンが添加されているため、興奮作用で眠気を防ぐという役割があります。

こういった鼻炎薬にエフェドリンのような興奮剤が含まれているのは昔の薬ではよくあったもので、スポーツ選手が試合前に風邪薬や鼻炎薬を飲んではいけないというのも、ほとんどの風邪薬や鼻炎薬にこのエフェドリンが添加されているからなんですね。
(エフェドリンの興奮作用はドーピング検査にひっかかります。)

また、漢方薬にもエフェドリンと同等の効果がある生薬があります。

麻黄(マオウ)。

この生薬が含まれている漢方薬は、エフェドリンと同じ興奮作用が含まれていることになります。

事実、漢方薬でも風邪や鼻炎の症状があるときにはこの麻黄が使われます。

ただし麻黄はヒトの体質により合わないこともあります。

麻黄は血液循環を早めたりするので、高血圧、心疾患、動脈硬化、脳卒中などの疑い、もしくは疾患を抱えている場合は処方できません。

処方薬と漢方の飲み合わせは、薬局にいる薬剤師にたずねれば問題ありません。

ぼくは、

「すみません風邪で鼻炎がひどいですが、この処方薬とこれって一緒に飲んでも平気ですか?」

と葛根湯加川キュウ辛夷と小青竜湯の箱を薬剤師に見せました。

その時に飲んでいたのはアレグラだったので、効果がうすいということ、体力的に問題ないということから、べつに問題なしと言われました。

他にも、花粉症の薬を飲んでいてカフェインが入ったコーヒーが好きだから、コーラは大丈夫か、ということも処方薬をだしてくれた薬局にたずねましたが、

「あまりオススメはしませんが、死に直結するわけではありませんので、ご自分の許容範囲内でやってもらえれば大丈夫ですよ。」

ということでした。

薬に興奮剤をまぜるというと、少々危ない感じではありますが、こうやって質問できる場所をもっておけば、それが眠気対策にもつながります。

鼻炎は息苦しかったり、くしゃみが止まらなかったりと、めんどくさいですが、薬とうまく付き合うという方法もあります。

どうぞよしなに。