鼻炎の治療方法のほとんどが意味がない理由

鼻炎の治療方法のほとんどは、治すことを目的にしていません。

そもそも今ある鼻炎の治療方法は対処方法でしかないからです。

もちろん有効なものもありますが、「鼻水を止めるにはどうしたら?」と考えた場合は無理な話でしょうね。

それには鼻水が体に必要なものだからということがあります。

まずは鼻水がどんな役割をしているのか、これについてまとめてみました。

鼻水が出ることは病気ではない!

鼻水は1日に1リットルほど絶えまなく流れています。

この鼻水が必要に応じて外に出したり、ノドに流し込んで食べ物と一緒に胃へおくったりしています。

ぼくたちが寝ているときも鼻水がダラダラ流れて飲み込んでいるので、鼻水そのものが無くなるということはないんですね。

でもなんで鼻水が流れているのか?それには乾燥した空気に湿気を与えて体に送り込むという役割があるからなんです。

これは実際にやってもらえばわかるのですが、鼻うがいを繰り返し行うと、一時的に鼻水が無くなった状態を作ることができます。

この鼻水がない状態で、ふかく深呼吸すると、たいていのヒトは咳き込んでしまいます。

空気中に目に見えないゴミを吸い込んだ時に、肺が拒絶反応しているからなんでしょうか。

こういうことからも鼻水が無いという状態は体によくないということなんですね。

鼻水にはゴミを付着させて体に入れない、もしくは外へ出す効果もある。

もう1つの役割は、ネバネバした体液で、細菌や細いゴミを付着させて外へ出すという役割があります。

花粉症の季節になると、極端にくしゃみが止まらないという状態になり、ずいぶん苦しい思いをするかと思いますが、このくしゃみ、鼻水も体に入ろうとするゴミや細菌の侵入を防ぐという役割があります。

鼻水は体弱っている、病気の時にダラダラと流れるというのは、半分は仕方ないことであり、体の健康を維持させるためにやっていることにすぎないということです。

「でも鼻水をなんとかしたい!」

これをやるにも理由がありますので、もう少しお付き合いお願いします。

空気中のゴミを限りなく0に近づけることで楽になる

鼻水や痰がでるということは、他のヒトと比べて反応しやすい、アレルギー反応が強いということが考えられます。

他にも気温、湿度、細菌類、自律神経などなどが考えられますが、大半はアレルギーに関係するものだと思って問題ないかと思います。

体にゴミが入り込むと、拒否反応を起こし、外へ出そうとする。

つまり四六時中開きっぱなしの鼻にはゴミが溜まりやすく、少しでもゴミが付着するのであれば外へ出そうと鼻水が出てくるというわけです。

ゴミが少なければその分だけ鼻水が流れにくくなる、そう考えるのであれば、空気洗浄機の設置が欠かせないというわけです。

しかし昔の日本は空気洗浄機という便利なものが無かったので、花粉症の対処の仕方も薬か、レーザー治療、もしくは鼻うがいしかなかったんですね。

気温や湿度が上昇していけば、当然、ウィルスには住みにくくなりますし、空気洗浄機で細菌類を吸い込めば蓄膿症にもなりにくくなる、というわけです。

とはいえ、あくまでも環境づくりができたとしても、外に出てしまえば当然いつも通りになります。

ここで知ってほしいことは、アレルギー物質を限りなく0に近づければ、鼻炎もおさまるということです。

抗ヒスタミン薬やステロイド点鼻薬など便利な薬があるものの、環境づくりさえしっかりしてしまえば、薬も不要になり、体も回復していく、というわけです。

ぼくの場合、ダイキンのストリーマというものを寝室で使っています。

これが1番良いのかどうかはわかりませんが、朝起きた時の鼻づまりや痰のからみがなくなったのは、この機械のおかげかと思います。

さんざんうるさいぐらいに空気洗浄機を勧めるのは、薬に頼らない生き方ができるのは、空気洗浄機があるからであり、そのことを早く気づいてほしいということがあるからです。

何度も書きますが、鼻炎が治らない理由は、薬ではなく、空気が汚れているからであり、一刻もはやく空気をキレイにしてしまえば症状がおさまり、楽な生活ができ、鼻に負担がかからなくなるので、鼻づまりも起きにくくなる、ということです。

後、鼻うがいはあまりやらない方がいいですね。

頭を下に向けて水を入れると、間違ってへんなところに入ってしまい、変な病気が起きる可能性が高くなるからです。

たとえば代表的な病気というと、鼻をかんだときに水が逆流して中耳炎になる、もしくは副鼻腔に水が溜まり、そこで腐敗をおこし変な病気を起こすということになります。とくに僕場合は後者の方で、前頭洞という副鼻腔に大きな鼻茸を作ってしまい、全身麻酔の1週間入院によるめんどくさい事になりました。

そこで、どうしても鼻水や痰が引っかかって苦しい時は、家庭用ネブライザーで生理食塩水で鼻水をふやかし、外へ出してくださいね。

ぼくはホットシャワー5という器具を使っていますが、それよりも優れた器具があるのであれば、それで良いのかと思います。

ぼくはこのホットシャワーを使いはじめて随分たちますが、最近は風邪ひいたときぐらいしか使いません。

ですが、鼻うがいのように、変な所に水が入り込む心配が薄いので是非使ってもらいたいと思っています。

空気清浄機と家庭用ネブライザー。

「鼻にそれだけゴツいものが必要なのか?」

と考える方もいるかもしれませんが、もちろん絶対に買えとは言いません。

あくまでも本サイトの解決策なので参考にしていただけたらと思います。

ただ長期的に考えると、薬などに比べたら安上がりなるかと思います。

コメントを残す