慢性鼻炎にアレグラは有効?

アレグラはフェキソフェナジン塩酸塩の成分を主体にした、
アレルギー性鼻炎の薬になります。

この成分にはヒスタミンが受容体に結合する前に、
アレグラがそれを抑えることで、鼻汁や鼻づまりの症状を緩和します。

ただ、少し値段が高いのが難点です。

またアレグラには副作用として「悪夢」という項目があります。

副作用に関しては後で知ったのですがアレグラを服用して3日ぐらいの頃、
こんな夢を見ました。

私は夢の中で竹林を歩いていて、
その背後から物凄い地鳴りと音に追いかけられる夢を見ました。

振り返ると二頭の象が物凄いスピードで、
竹林を潰していき突進していきます。

この象に踏みつぶされそうになった所で、
目を覚ましました。

元々40度の高熱でうなされていたようなので、
薬の効果より勝手に想像して見た夢だと思いますが、
アレグラを飲んだから見えたのかは分かりません。

ただアレグラは第二世代ヒスタミン薬に分類されており、
薬を飲んだ後の眠気が改善されているようです。

ところが眠気をあまり誘わないためなのか、
若干効果が薄いのでは?という体験談も聞きますので、
人を選ぶ薬だと思っています。

花粉が飛散する時期になると私もお世話になりましたが、
他にもヒスタミン薬はありますので、
まずは自分に合う薬を見つけましょう。